薬剤師によるワクチン接種を可能とするために必要な取り組み等を田村厚労大臣に申し入れ

長妻昭厚生労働部会長、党新型コロナウイルス感染症ワクチン接種に関する課題検討プロジェクトチーム(ワクチンPT)の中島克仁座長らは21日、田村憲久厚労大臣に「薬剤師による新型コロナウイルスワクチン接種を可能とするために必要な取り組み等を求める申し入れ書」を手交しました。申し入れには、山井和則、尾辻かな子両衆院議員が参加しました。

今回の申し入れは、医療従事者や高齢者への新型コロナウイルスワクチンの接種が進められるなか、わが国のワクチン接種率が極めて低いことから、一日も早いワクチン接種の普及に向けて、最も大きな課題の1つである、ワクチンの打ち手不足を解消するため、速やかな制度及び実務的対応を進めるよう求めるものです。

申し入れ書の内容は、以下4項目です。
(1)薬剤師が、新型コロナウイルスワクチンの注射を行えるよう、有識者等による議論を速やかに行い、結論を得ること。
(2)薬剤師が、新型コロナウイルスワクチンの注射を安全に行うためのマニュアルの整備や研修の実施に向けて速やかに取り組むこと。
(3)薬剤師が、新型コロナウイルスワクチンの注射を行えるようにするために、法律の改正が必要であれば、速やかに法案を作成し、国会に提出すること。
(4)ワクチン接種前の問診については、その接種会場でなくても、前日や当日にかかりつけ医の問診を受ければ、接種会場での問診を不要にすること。

長妻厚労部会長は、「地域によってはワクチンの打ち手が足りないという声を聞いている。打ち手不足を解消し、ワクチン接種が進むよう後押しをしたい」と発言。田村厚労大臣は「思いを共有していただき感謝する」と応じました。

申し入れ後、記者団の取材に応じた長妻厚労部会長は、「ワクチン接種を加速させるのは喫緊の課題だというのは与野党で共有している。これからワクチン接種が本格化するなかで、医療現場がひっ迫したときにも対応できる側面もある。今後政府の考えを確認した上で、必要があれば速やかに法案を提出していきたい」などと述べました。

2021年5月21日薬剤師による新型コロナウイルスワクチン接種を可能とするために必要な取り組み等を求める要望書.pdf

立憲民主党
https://cdp-japan.jp/news/20210521_1406

投稿者プロフィール

TomochikaToshiro
TomochikaToshiro立憲民主党 愛媛県第1区総支部長
立憲民主党 愛媛県第1区総支部長
主な経歴:参議院議員,早稲田大学,公益財団法人笹川スポーツ財団研究員,愛媛FC⚽,三浦工業株式会社,ドイツ留学
松山市生まれ、木屋町育ち。妻、長男、長女の❤️四人家族。
タイトルとURLをコピーしました